ふるさと納税 確定申告の仕方

ふるさと納税 確定申告の仕方の概要
・ふるさと納税で確定申告が必要ない場合とは。
・確定申告の書き方がわからないときにはどうすればいいか。
・確定申告書の準備方法や提出方法について。


ふるさと納税の確定申告の仕方です。
そもそもワンストップ特例制度が使える方は確定申告は必要ないです。


条件は寄付の申込先が年間で5自治体まで。
確定申告の必要がないサラリーマンの方が対象です。


この条件に当てはまる人はワンストップ特例が利用できて確定申告不要です。
書き方がわからない場合は確定申告コーナーの相談所に行くといいでしょう。


ある程度確定申告書の書き方に詳しい方が相談に乗ってくれます。
きっちり書類を申請できれば手続き完了です。


還付金として所得税が戻ってきて住民税も減額されます。
確定申告時期の2月半ばから3月半ばの間に行いますので忘れたというのは許されません。


この時期の税務署は忙しいので確定申告の方法の相談には乗っていません。
住んでいる県内で確定申告コーナーが開設されているのでそちらで無料で相談できます。


おそらく県の体育館などの施設になると思いますが。
そちらも平日でもけっこう混みますので時間にゆとりをもって行きましょう。


書類の書き方というかパソコンが借りられてそちらで入力する感じでしょうね。
入力の方法を教えてもらえます。


備え付けのパソコンで入力してプリンターで印刷して。
書類の提出場所があるので提出までそのまま進めます。


とにかく順番待ちをして書類を提出まで時間がかかるのが問題です。
国税庁のホームページに確定申告書の作成コーナーがあります。


なので使い方や入力方法がわかれば自宅で書類を作成して税務署に持ち込む方法もあります。


税務署に提出するだけなら窓口で確認して提出するだけです。
これなら時間もそんなにかかりません。


といってもこの時期の税務署は駐車場がかなり混み合うというのはありますね。
あとは自宅で書類を作成して郵送するという方法もありますね。


それでもこの場合には間違いが許されませんね。
間違えている場合には後日呼び出しを受けることになります。


電話と郵送で済む場合はまだいいですが。
来訪して修正することになるとかなり面倒というのはあると思います。


できれば確定申告に慣れていない方はワンストップ特例制度を利用することですね。
自営業の方など普段確定申告をされている方は一緒に申告するだけです。


ワンストップ特例をしたあとに確定申告が必要になった方。
この場合は確定申告時にしっかり記入しないと寄付金控除が受けられません。


この場合にも忘れずに記入しないといけませんね。


ふるさと納税 確定申告の仕方のまとめ
・ワンストップ特例が利用できれば確定申告の必要はありません。
・確定申告時期には相談コーナーで無料で相談ができます。
・国税庁のホームページから作成して税務署に提出してもいいです。

 

 

検索フォーム

ページトップへ