ふるさと納税 限度額

出典:総務省HP https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

 

ふるさと納税 限度額の概要
・ふるさと納税限度額は何を理由にして変化するか。
・ふるさと納税限度額を手軽に知るためにはどんな方法があるか。
・ふるさと納税限度額を最大限に活用するための方法とは。


ふるさと納税でも限度額計算するのはとても大事です。
まずふるさと納税を申し込みすると誰でも2000円は自己負担することになります。


これに加えてある金額まではお金を負担せずに寄付を申し込みできます。
これが限度額になります。源泉徴収をみても詳細はわかりません。


限度額というのは年収や控除額というので決まっています。
控除額で大きいのは扶養家族がいるのかとその年齢になります。


これではわかりにくいのでざっくりとわかる早見表が作成されています。
総務省が発行しているものです。


おおよその年収とざっくりした家族構成でおおよその限度額がわかります。
年収300万で扶養家族がいないと28000円くらい。


これに奥さんを養っていると19000円くらいになります。
あとは子供の人数や年齢で控除額が違うので限度額も変わります。


世の中の平均というと年収400万くらいらしいので。
そのあたりを参考にするひとは多いと思います。


もちろん総務省発行の表に2000円の自己負担分を足した分が限度額です。
ちなみに限度額超えたら自己負担になります。


現状で返礼品の実相場金額というと今は最大30%程度です。
なので自己負担をすると高値掴みではありますね。


もちろん好きな自治体に寄付をした満足感があればいい人もいるかもしれませんが。
ちなみに限度額より少なく寄付した場合は住民税として払うことになります。


住民税として払うと返礼品はもらえないので損だと思う方もいるでしょう。
なので限度額付近まで寄付して超えないことが大事になりますね。


控除額というのは住宅ローンなども該当してきます。
細かい計算方法は各家庭で異なるので状況に応じて税務署に相談するのもいいですね。


収入と控除額と限度額の関係はわかっても難しいことはいくつかあります。
会社員でも収入が変動するというのはあるからです。


もし退職することになって仕事が見つからなかければその年の収入は減ります。
退職はしなくても年度のボーナスは毎年違ってきますね。


もっと難しいのは個人事業主の方になるかもしれません。
なのでふるさと納税は12月にならないと寄付しないという方もいらっしゃいます。


その時期であれば収入が確定してきますし。
年度分は12月の末までに申し込みしないと行けないので


といっても人気の米や肉でもたくさん来ると困る人多いはず。
米でも賞味期限はありますし肉も保存する冷凍庫に困ります。


工夫としては常温品を頼むことや定期便。
あとは果物や野菜などのように旬の時期しか配送されないものを利用するのもいいですね。


ふるさと納税 限度額のまとめ
・ふるさと納税の限度額は年収と家族構成に影響する。
・総務省が発行している目安の表を見るとおおよそわかります。
・年収の確定する12月の申込みが多いし申込みの方法が大事になります。

 

検索フォーム

ページトップへ