ふるさと納税 還元率

ふるさと納税 還元率の概要
・ふるさと納税の還元率はどのようなものを指していうのか
・ふるさと納税の還元率はどのように設定されているのか。
・ふるさと納税の還元率で注意しないといけないことはなにか。


ふるさと納税の還元率ランキングというのも最近はあまり関係ありませんね。
以前はランキング上位に立つために高いことがよい風潮がありましたが。


人気の米とか肉でも還元率高いというのは特にないようです。
まあこれは家電や旅行など品目の影響もないと思います。


そもそも還元率とは寄付額に対しての原価率を指します。
例えば寄付額が1万円とすると1万円に近いほうが申し込む人が得します。


以前はむしろ100%を超えるものもあったようです。
寄付をしてもらった自治体のほうが損するような。


これではふるさと納税の意味がないですし加熱している競争を見て国も対策をしました。
おおよそ原価率を30%程度までにするようにという指導があります。


これは楽天でもふるさとチョイスでもさとふるでも違いがありません。
ただ楽天はポイントが付くじゃないかという話がありますね。


買い周りやSPUや各種キャンペーンでポイントがたっぷり貯まります。
まあこれについては楽天が負担しているからOKなのかもしれません。


確かアマゾンギフト券を配布していたさとふるでは指導があったはずです。
アマゾンギフト券と返礼品の原価率を合わせて30%程度にするようにと。


アマゾンギフト券分を自治体が負担しているとおそらくそうなるのでしょうね。
そういったことを考えるとやはり楽天で一歩抜き出てお得であるとは言えますね。


還元率の上限は基本的に30%程度で変わりがないというのは言えました。
ただそれを大きく下回っているという返礼品はあるはずです。


口コミが少ないとかランキングでも人気がないものは避けたほうがいいかもしれませんね。
返礼品の原価率にこだわらない人はいいですが。


基本的にはランキング上位や口コミが多いものを当てにすれば良さそうですけど。
商品の内容と個数で相場を調べて妥当性をみてもいいですがけっこう手間はありますね。


もう一つ返礼がほしければ自分が住んでいる自治体には寄付しないほうがいいでしょうね。
基本的に住所地のある自治体に返礼品を申し込んでも返礼していない自治体が多いはずです。


返礼品の還元率で揉めて裁判をするとかいろんな話があったと思います。
これは上限の30%を超えて原価率設定した自治体に対しての問題でした。


あとは最近はその自治体と全く関係のない製品は返礼品として認められなくなっています。
自治体とは全く関係のないパソコンとか消費者はほしいですがふるさと納税の原則には反してますからね。


ふるさと納税 還元率のまとめ
・ふるさと納税の還元率は寄付額に対しての原価率を指します。
・今は国の指導があって原価率の上限は30%までと決まっています。
・サイトや品目による差はないですが還元率が低いものは人気で判断しましょう。

 

 

 

検索フォーム

ページトップへ