ふるさと納税 ワンストップ特例

ふるさと納税 ワンストップ特例の概要
・ワンストップ特例はどんな制度か。
・ワンストップ特例を受けるにはどのような条件があるか。
・ワンストップ特例に必要な手続きや期限の話。


ふるさと納税にはワンストップ特例というのがあります。
確定申告をしなくても控除を受けられるという方法です。


特にサラリーマンの方で確定申告が必要な人はうまく活用したい制度ですね。
条件というのがふるさと納税を申し込んだ自治体が年間で5つまでということです。


同じ自治体に何度申し込んでもこれは件数に影響しません。
もっとも確定申告の必要な人には使えませんが。


自営業で所得が20万以上の方。サラリーマンでも年収が多い方。
医療費控除を申請する必要がある方。


住宅ローンに関する控除を受ける方など。
ワンストップ特例は確定申告をする必要がある方は利用できません。


ワンストップ特例を利用するために5自治体以内に収めるというのも方法ですね。
自治体によっては申請用紙が入っていても封筒や切手が入っていないところもあるようです。


まあ申請書類はダウンロードができるというのはありますね。


これによって口コミの評価が少し悪いところもあるようです。
大事なのは申請用紙を忘れずに確実に郵送することですね。


マイナンバーカードや通知カード。
条件によってはほかの身分証明書がいる場合もあります。


申請書の提出期限は翌年の1月10日必着です。
年末ぎりぎりにふるさと納税を申し込むとかなり厳しい状況になりますね。


いろいろ条件はありますが確定申告が不要になればかなりメリットです。
書類を受け取った自治体が内容を確認して不備がなければ税金の減額申請を行います。


確定申告をしても還付される税金には違いがないです。
特に不満がなければ確定申告をして手続きするというのでもいいと思います。


ふるさと納税を申し込むサービスについてはどこを利用しても変わりません。
基本的に返礼品を送るのは自治体ですからね。


ワンストップ特例の書類を申請し忘れて確定申告もしなかった場合。
この場合には寄付金に対しての控除がなにも受けられません。


ふるさと納税の還元率というと上限は3割位です。
なので市価の3倍ぐらいの値段で自腹で購入したことになりますね。


楽天などにも詳しい説明があるのでそちらを利用するといいでしょう。


ふるさと納税 ワンストップ特例のまとめ
・ワンストップ特例は確定申告をせずに寄付金控除が受けられる制度です。
・条件は年間で5自治体までの申込み。確定申告が必要ない方となります。
・ワンストップ特例を受けるには翌年1月10日必着で書類を準備します。

 

検索フォーム

ページトップへ